メインイメージ

賃貸の鍵交換コスト

賃貸物件の鍵交換にかかる費用負担

賃貸物件には必ず鍵が取り付けられており、普段の生活の中で外出する際には鍵をかけて出ることとなります。
ですが不注意によって鍵を紛失してしまうという人もいますし、そうでなくとも退去時には鍵を交換するため、その費用を請求されることがあります。
しかしこうした際には費用の請求に関して揉めることが少なくなく、特に何の問題も無く入居していたのに、退去時になっていきなりその費用が請求されたことで少額訴訟まで持ち込まれることもあります。
では本来、こうした費用については誰が負担をするべきなのでしょうか。

この費用負担についてはそれぞれのケースによって多少判断が異なってきますが、基本的には鍵の交換が必要になった原因を作った側が担当するべきであるとされています。
入居者が鍵を紛失したことによって交換が必要になったという場合、その費用は入居者が負担するのが妥当です。
入居者が紛失さえしなければその費用が発生することは無く、本来不要なものであったからです。
これは事前に退去時に費用がかかることが明らかにされていたとしても、トラブルを作ってしまった入居者が負担をするべきです。

ただこういった状況では無い場合、退去時に交換が必要であると判断されてしまった場合には、基本的に貸主が負担をするべきでしょう。
この費用負担について法律で定められているということは無いのですが、こうした賃貸にまつわる費用負担トラブルを解決するための指針として公開されている国交省のガイドラインにおいては貸主側の負担となることが明記されています。
万が一裁判になった場合であっても、このガイドラインが国の判断であるという形で判決が下されることとなりますから、もし退去時に負担を求められた場合にはこのことを主張すれば費用負担をしなくて良いと判断されることになります。

しかし複雑になってくるのが、入居中に鍵が破損して交換を余儀なくされた場合です。
この場合、その破損の原因がどこにあるのかということが重要になってきます。
もしそれが経年劣化によるもので発生したのであれば貸主負担になるべきですが、もし入居者が普段の利用の中で乱暴に利用をしていたり、不調が明らかになっているにも関わらずそれを報告せず無理に利用していたのであれば、入居者に対して負担が求められることもあります。

こうした賃貸物件の設備に関係する費用については、全国的にトラブルが多発する部分となっています。
作業を担当した鍵屋さんに確認を取ってもわからないことがありますから、もし鍵屋さんが必要になった場合には、作業を依頼する前に大家や管理会社に対して連絡を取っておいた方が良いでしょう。

バナー
バナー

最近の投稿