引っ越しは、業者によっても、また同じ業者でもタイミング、荷物の量、移動距離などによってかかる費用がバラバラなため、一律の値段を知ることはなかなか難しいです。しかし、納得して業者を選ぶためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。まず、単身引越しの場合など、定められた容量の中に収まる場合を除いては、訪問見積もりをしてもらうのが基本です。最近はインターネットでも簡易見積もりをしてもらうことはできますが、基本的に営業マンに自宅に見に来てもらい、荷物の量を把握した上でないと正確な費用が出せないという場合が多いです。その場合は立ち合いが必要ですが、必ずしも本人でなくても代理人でも構いません。ですが、費用の交渉をしようと思うのであれば、本人が立ち会わなければなりません。

複数の業者から見積もりを取ることが大切

引っ越し料金の相場というのは、なかなか不透明なものです。同じ業者であっても、日程や荷物の量、移動距離などが違えば違ってきますし、業者によって混雑している日とそうでない日があり、料金は変わってきます。そのため、複数の業者に見積もってもらうことが大切なポイントとなります。訪問してくれた時に、その場で即決しようとする営業マンも多いですが、複数の業者に見積もってもらうことを話しましょう。実際、複数の業者に依頼することで、相場観が分かってきます。業者によってサービス内容は異なります。もちろん価格が安いに越したことはありませんが、価格だけでは決められないものもあります。比較する時は、作業員の数や社員の割合がどれくらいか、トラックは何トントラックを使用するのかなど、細かく比較していきましょう。

いきなり価格交渉に入るのはNGです

早く料金が知りたいという思いはもちろんありますが、最初から価格交渉をするのではなく、営業マンからはしっかりと会社の方針や考え方なども聞いた上で価格の話に入っていきましょう。訪問してもらう時には、なるべく部屋を片付けておくことが大切です。散らかっていると、荷物の量を正しく判断してもらえず、小さいトラックしか手配してもらえなかったり、荷物量よりも大きいトラックを手配されてしまい、結果的に引っ越し費用が不当に高くなってしまう可能性があります。また、業者によって見積書に記載されている事項や内容などは異なりますので、しっかりとチェックしましょう。営業マンと当日実際に作業に来る作業員は別人のことがあるため、口約束ではなく、きちんと書面にしてもらうようにしましょう。