引っ越しをすることになったら、まずどの業者に依頼するのかを決めなければなりません。というのも、業者によって、サービス内容もかかる費用も違ってくるためです。実のところ、同じ業者であっても、どれくらいの荷物量を運ぶのか、アパートやマンションなどの集合住宅なのか、一戸建てなのか、集合住宅の場合はエレベーターがあるのか無いのか、どれくらいの距離を移動するのか、日程はいつなのか、など、さまざまな条件によって費用が異なります。そのため、一概に相場がいくらである、というのは明確に言えないというのが実情です。最近ではインターネットを利用した一括見積もり制度という便利な制度があり、定められた条件を入力していけば、大まかな料金が分かるようになっています。

正しい価格を知るには訪問見積もりが大事

インターネットで一定の条件を入力すれば、大まかな料金が分かる制度は確かに便利ですが、だからといってこれだけで業者を決めてしまうのは危険です。例外として、単身で移動する場合など、荷物の量が規定の量の中に収まる場合などであれば、インターネットの結果を見て業者を決めるということがあっても大丈夫です。しかし、そうでない場合は、業者に自宅に訪問してもらい、荷物の量や家の立地条件などを確認してもらうことがとても大切です。例えば、家の前の道路が狭くて大きいトラックが入れないなど、訪問してもらわなければ分からないことです。また、荷物の量を見た上でないと、正確な価格を出してもらうことが難しいです。訪問してもらわないで決めてしまったものの、結果的に荷物が多くて積み残しが出るなどのトラブルにならないためにも、必ず業者の訪問をしてもらいましょう。

納得のいく引っ越しをするために気を付けること

どの業者に依頼するかによって、引っ越しに対しての満足度は変わってきます。そのため、業者選びは慎重に行わなければなりません。訪問見積もりは複数の業者に依頼しましょう。業者は訪問した際に契約を取りたいと考えている場合が多いです。しかし、最初の業者で決めてしまうと、提示された料金が高いのか安いのかよく分からないまま契約してしまうことになります。そのため、今決めてくれたら費用を安くすると言われても、複数の業者に見積もりを依頼していることを話して納得してもらいましょう。費用の値引き交渉を行う場合も、他の業者が提示してきた料金を武器にする方法が有効です。また、業者に訪問してもらう日には、家の中を片付けておきましょう。家の中が散らかった状態では、正しく見積もってもらうことが難しいためです。