引っ越しを自分で手配して行う場合、自分の家にある荷物を確認した上でいくらかかるのか、見積もりをとらなければなりません。この見積もりをとる段階は非常に大切で、ここで値段が決まってしまうのでできるだけリーズナブルにするためにやるべきことがあります。引っ越しの業者は最近、有名なところから地方の小さめのところまでかなりの数があるので、すべての業者に対して見積もりを依頼するわけにはいきません。そのため、闇雲に知っている業者に対して見積もり依頼をしていくのではなく、ある程度調べた上で出していくのが効率的です。意外と引っ越しまで時間があったとしても、荷造りやいろいろな手配をしていると、かなりあっという間に時間が経ってしまうので早め早めが肝心です。

これをやれば成功できる工夫とは

引っ越しの費用をできるだけリーズナブルに済ませるためには、まずそもそも安い業者を調べることが大切です。いわゆる大手の業者は平均よりもかなり値段が高いことが多く、やはりサービス面では安心感はあるものの、そんなに高価なものがない一人暮らしなどの場合には大手を必ずしも使う必要はありません。地方の業者だと、大手の半分ぐらいの値段でできることも珍しくありません。また、家にある荷物については正確に把握しておきましょう。後からテーブルを忘れていた、などと追加をしていくと割高になることがあります。荷物によって必要なトラックのサイズも変わり、業者に迷惑をかけることもあるのであらかじめリストアップしておくのがおすすめです。また、最後には必ず価格交渉をしましょう。多少安くしてくれます。

よくある失敗例ってどんなもの?

あまり普段からやることではないので、実はよくある失敗例というのもあります。例えば、荷物をしっかり把握していなくて、パッキンの数をかなり多めに言ったり家具のサイズが分からなくて大きめにいったりすると、やはりかかる費用は実際よりも高くなります。実際運ぶ荷物は少なかったのに高い費用を払わないといけないのは馬鹿らしいので、依頼をする前に次の家でも使う家具と捨てる家具を仕分けすることと、パッキンの数が大体何個ぐらいになりそうかを考えておきましょう。また、逆にパッキンが足らなくて当日追加になる場合も割高な費用をとられるので、多少は前後しても大丈夫ですがある程度は把握しておくと損することはありません。忙しい中でも準備をきちんとすれば失敗することはないです。